iMovie動画編集ラボ > 映像と動画のiMovie書き出しガイド > QuickTimeを使ったiMovieの書き出し

QuickTimeを使ったiMovieの書き出し

iMovieの映像をQuickTimeを使って書き出してみよう

iMovieの映像をiTunesに書き出す手順を確認したら、続いて、QuickTimeを使ったiMovieの映像の書き出しに挑戦しましょう。

QuickTimeを使って映像を書き出すことで、ファイルの容量を調整することができます。

まず、左上のメニューから「共有」を選び「QuickTimeを使用して書き出す」をクリックします。

QuickTimeを使ったiMovieの書き出し
【image:Apple初心者と呼ばないで

メニューの「QuickTimeを使用して書き出す」をクリックすると、書き出しの詳細を設定するためのパネルが表示されます。

書き出し項目から「ムービーからMPEG-4」を選択しましょう。

QuickTime書き出しのメリット
【image:Apple初心者と呼ばないで

ファイル形式「MPEG4」は、ムービー形式の書き出しに比べて、ファイルのサイズを抑えて書き出すことができます。

書き出し項目から「ムービーからMPEG-4」を選んだら、ファイルの名前を変更し、保存場所を決めましょう。

QuickTime書き出しが完成
【image:Apple初心者と呼ばないで

出力項目については「デフォルト設定」のままで問題ありません。すべての設定が終わったら「保存」をクリックして映像を書き出します。

QuickTimeを使うことで、iMovieの映像をいろいろなファイル形式で書き出することができます。映像だけでなく、音声だけの書き出しもできるので、覚えておくと役立ちます。

QuickTimeを使ったiMovieの書き出しは「DVDに焼く前に、みんなで映像をチェックしたいなあ」や「Windowsのパソコンでチェックしたいなあ」という場合に便利です。

iMovie動画編集ラボ > 映像と動画のiMovie書き出しガイド > QuickTimeを使ったiMovieの書き出し
あなたに最適なiMovieの編集と撮影に役立つアイテムはどれ?
iMovieを自宅で編集することが多い皆さんはコストパフォーマンスが高いiMacがおすすめです。iMacを購入すると、iMovieが最初からインストールされているので、自宅に届いたらすぐに使うことができますよ。大画面で、使い勝手のいいiMacは「iMovieを編集するはじめてのMac」として最適です。
旅行に出かけたり、移動中にiMovieの編集を考えている皆さんは軽くて速いMacbook Airがおすすめです。特に、家族旅行が好きなファミリー、電車の移動が多い皆さんに便利なアイテムですね。
従来のHDDから高速のSSDへシフトしているMac。データを保存できる容量が少なくなっているので、iMovieを編集するときは外付けHDDが欠かせません。簡単にデータをバックアップできる「タイムマシーン」に対応しているので、データの保存やバックアップに便利ですよ。
参考記事:iMovieのデータを保存する外付けHDDを準備しよう
ようこそ!Apple初心者と呼ばないで